読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんきな陸マイラーのマイル獲得日記

陸マイラーが日々の活動について記録する日記

意外と見落としがち? ANAマイルでフィリピン航空のフライトを予約する

f:id:zbtn:20161024192241p:plain

来年の3月にフィリピンに旅行に行ってきます。もちろん、フライトは集めたマイレージで予約したのですが、あいにくANA便の予約は既にいっぱいでした。

近年の陸マイラー急増のせいなのか、ANA便の特典航空券は相当早く抑えないと空きがないです。今回も、6か月前の予約で、かつそれほど人気路線というわけでもない東京⇔マニラ便でさえも予約が取れません。

そこで、今回はANAのマイルでフィリピン航空のフライトを予約することにしました。

 

業務効率化のため、各航空会社は他の航空会社とアライアンス(業務提携)を結んでいます。JALが所属するワンワールドANAが所属するスターアライアンスなどですね。同じアライアンスに所属する航空会社間であれば、A社のマイルでB社のフライトを予約することができます。

詳細については、以下のANAニュースリリースが参考になります。ANAがフィリピン航空とマイレージに関する提携を始めたのは2014年からのようです。結構最近ですね。

www.ana.co.jp

 

ANAとフィリピン航空は同じスターアライアンスなので、ANAのマイルでフィリピン航空のフライトを予約することができるのですが、ここで落とし穴が。フィリピン航空のシステムが貧弱なせいで、ANAのWebサイトからフィリピン航空の特典航空券をWeb予約することはできないのです。(よく見ると、上記のANAニュースリリースの中にも記載があります)

f:id:zbtn:20161024190902p:plain

 

ANAの特典航空券を予約する際に、多くの人はANAのWebサイトで空いている日付を探しているのではないかと思います。ところが、これだとフィリピン航空の存在に気づかないのです。

フィリピン航空の予約を取るためには、ANAに直接電話するしかありません。通常であれば、特典航空券の予約を電話でデスクに依頼すると2,160円の手数料がかかります。しかし、フィリピン航空のフライトに限ってはWeb上から予約できないため特例として手数料はかからず、無料で予約をすることができます。

 

電話で特典航空券の予約をするのはけっこう大変でした。空港税等の支払はクレジットカード番号をスマホから全桁入力する必要があるし、申込も一度の電話では完結せず結局3回ほどやり取りを行いました。(予約の空き状況の確認、予約、発券で3回です)

しかし、このように様々な障壁があるおかげか、フィリピン航空のフライトは空席だらけでした。特典航空券が取れないと嘆いている方は、フィリピン航空を検討してみても良いと思います。

 

ただし、フィリピン航空の機体の設備は、ANAに劣ることは注意が必要です。例えば、機内の退屈しのぎに必須となる備え付けのディスプレイがなかったりします。私の友人のマニラ駐在者も、帰国にはできるだけJALANA便を利用し、フィリピン航空を利用するのは最後の手段(もしくはお金を節約したいとき)と言っていました。

 

とはいえ、ANA便をマイルで予約することがかなり困難となっている昨今、日時の自由度が高い特典航空券は利用価値が高いといえます。マイルを利用してフィリピンに旅行にいく際には、まずANA便の空き状況をチェックし、希望日時に空きがないときにはフィリピン航空の利用も検討してみると良いのではないかと思います。

 

ソラチカルートの開通のために ソラチカカードとは何か

目次

f:id:zbtn:20161023124748p:plain

 

なぜ全ての陸マイラーはソラチカカードを重要視するのか

陸マイラーでソラチカカードを知らない人はいないと言ってもいいくらい、陸マイラー活動にソラチカは必須のものとなっています。私も、最初にソラチカの存在を知ったときには、そんなチートアイテムがあるのかと驚いたことを覚えています。

陸マイラーがマイルを貯めるために実践している方法 基本戦略について」にも書きましたが、ソラチカを使うのと使わないのではマイルのたまり方が2倍弱変わってきます。

 

ポイント→マイルの変換率は悪い?

クレジットカード決済を良くする方や楽天ポイント、Tカードなどのポイントカードをお持ちの方はご存知かもしれませんが、Tポイントや楽天ポイント通常1ポイント1円相当の価値があります。店頭で何かを購入する際にポイントで支払いをする場合も、1ポイント1円扱いとなります。

一方で、貯めたポイントをマイルにすると、大抵のケースでは2ポイント1マイルに交換となります。つまり、ポイントに0.5をかけた値がマイルとなるわけです。この交換レートだと、1マイルに2円以上の価値を見出さなければ、交換したいとは思わないのではないかと思います。

  • 100ポイントを支払いに利用すると100円に
  • 100ポイントをマイルにすると50マイルに

私も昔はクレジットカード決済などで貯めたポイントをマイルにするのはあまり効率的ではないかなと感じていました。シーズンなどにもよりますが、マイルで予約できる特典航空券は一般的に予約がしにくい場合が多いですし、通常の予約よりも予約可能な時期も限られています。

これが、ソラチカを利用すると同じ1ポイントがなんと0.9掛けで交換できるのです

例えば、通常100ポイントは50マイルに交換できますが、ソラチカで変換するだけで同じ100ポイントが90マイルになります。

  • 100ポイントを支払いに利用すると100円に
  • 100ポイントをマイルにすると90マイルに 

 

100ポイントを100円として利用するか、90マイルとして利用するかと考えると、ほぼすべての人は90マイルとしたほうが価値が高いと判断するのではないでしょうか。

近年ANAマイラーが急増しているのは、ソラチカの登場によるところが大きいと思っています。(そのせいで、ANAの特典航空券は前にもまして取りにくくなっている気がします・・・笑)

同じポイントをJALマイルに交換しようとすると、どうしても100ポイントが50マイルになってしまいます。個人的にはJAL便のみが運行している地域に行くこともあるので、JALのマイルも貯めていきたいところですが、効率性で考えるとANAが優勢です。

 

ソラチカカードとは

f:id:zbtn:20161021185251g:plain

そもそもソラチカカードとは何でしょうか。ソラチカカードとは、名前の通り「ソラ:ANA」でも「チカ:東京メトロ」でもポイントが貯まるということが売りのクレジットカードです。ANAの飛行機に乗った際の獲得マイルが割増になったり、東京メトロの乗車に対してメトロポイントがたまることが特徴です。

年会費は年2,000円(税別)です。年会費はそこそこ取られますが、これは必要経費として諦めるしかありません。ソラチカには2,000円以上のメリットがあります。

ソラチカカードの詳細は以下のリンク(公式サイト)から確認してみて下さい。

www.sorachika.jp

 

注意点として、ソラチカカードで貯まるポイントは2種類あります。国際ブランドであるJCBのポイント制度「Oki Dokiポイント」と東京メトロのポイント制度「メトロポイント」です。

陸マイラー的に重要なのは、後者の「メトロポイント」です。0.9掛けでANAマイルに変換できるのはメトロポイントの方です。メトロポイントは東京メトロの乗車で貰えるポイントなのですが、乗車で貰えるポイントには限界があります。

そこで、「他のポイントサイトで大量に獲得したポイントを」「中継サイトでメトロポイントに変換し」「ソラチカカードでANAマイルにする」というのが陸マイラーの得意技です。これが、多くの陸マイラーが実践している方法です。

 

言い換えると、何らかの方法でメトロポイントに交換できるルートであれば、どんなポイントでもソラチカにより0.9掛けでマイルを貯めることができます。変化の激しい陸マイラー業界、この先.moneyやハピタスなどがいつまで今の地位を保っているか不透明です。これらのサイトに何かがあったときにも、最終的なゴールはメトロポイント→ANAマイルへの変換ですので、いかにしてメトロポイントにたどり着くかを考えていくのが陸マイラーとして重要になります。

 

なお、ソラチカカードをクレジットカードとして決済に利用した際に付与されるのは、Oki Dokiポイントです。しかし、こちらはマイル還元率0.5%とイマイチなので、陸マイラー活動をやる際には無視して良いです。ソラチカカードを決済用のカードとすることは下策です。

 

メトロポイントPlus

上でも少し書きましたが、ソラチカカードを持ち、メトロポイントPlusに登録すると、東京メトロの乗車でメトロポイントを貯めることができます。正直貯まるポイントは微々たるものですが、仕事柄外出が多い私は月に500ポイント程度のメトロポイントを貯めることができています。東京近郊にお住まいの方で、よくメトロに乗車する方は、せっかくなのでメトロポイントPlusにも登録しておくとよいです。

 

ソラチカカードの注意点

ソラチカカードはメリットの多いカードですが、注意点が一つあります。それは、毎月の交換上限が決められていることです。毎月20000ポイント(= 18000マイル)が変換上限となります。他の陸マイラーサイトで「年216000マイルを貯める!」という表現が良く見られるのは、ソラチカカードを利用したANAマイル集めの上限が18000マイル×12ヶ月 = 216000マイルだからです。

これ以上のANAマイルを貯めたければ、ソラチカカード以外のルートを利用することになります。変換効率は下がりますが、Tポイントや楽天ポイントANAマイルに変換したり、もしくはポンタポイントからJALマイルに変換するルートなどがあります。(個人的には、毎月18000マイルを使い切るのはけっこう大変だと思うので、ソラチカルートのみでも十分に旅行などを楽しめると考えています。)

 

陸マイラー御用達のWebサイトとして、「ポイ探」というサイトがあります。ポイ探を使うと、あなたが持っているポイントをANAマイルやJALマイルに交換する際に、どのルートを用いれば最も効率的な変換を実現できるかを調べることができます。

もし、あなたがこれまで集めてきたクレジットカードのポイントなどをマイルにしようと考えた際は、ポイ探を使って調べてみるのをおすすめします。

www.poitan.net

 

ポイントサイトの案件でソラチカは登場するか

勘の良い人なら、「ソラチカカードはクレジットカードなのだから、ポイントサイトの案件でソラチカカードを発行したらポイントも貯まって一石二鳥なのでは」と考えるかもしれません。私はそう考えました笑。しかし、ソラチカカードは当初こそ様々なキャンペーンを実施していましたが、現在ではポイントサイトの案件でソラチカが出ることはまれです。

なので、ソラチカに限っては陸マイラー活動を始めようと思ったら早めに申し込んでおくべきです。とはいえ、時期によりANA東京メトロがキャンペーンを実施し、入会時にマイルやメトロポイントのプレゼントを実施していることもあるので、そのようなキャンペーンを見かけたら、良いタイミングなので登録しておきましょう。

www.sorachika.jp

 

 現在の陸マイラー業界において、ANAマイルを貯めようと思ったらソラチカカードは必須アイテムです。陸マイラーを始めようと思ったら、まずはソラチカカードを発行することをおすすめします!

 

中継サイトとは何か 登録必須の中継サイトについて

目次

 

f:id:zbtn:20161023111823p:plain

 

中継サイトとは

陸マイラーがマイルを貯めるために実践している方法 基本戦略について」にも書きましたが、陸マイラー活動において、ポイントサイトで獲得したポイントを効率的にマイルに変換していくためには、ポイントサイトとソラチカをつなぐ「中継サイト」が肝になってきます。

世の中には、いくつかの中継サイトがあります。一時期、陸マイラー御用達の存在だった「PeX」や、特に三井住友VISAカードでマイルを貯める際に重要になってくる「GPoint」などがメジャーどころでしょうか。

しかし、2017年現在において、ソラチカルートの活用のために最も有効な中継サイトは「.money」です。

 

f:id:zbtn:20161021185214p:plain

 

.moneyはアメーバピグ等のサービスで有名なサイバーエージェント社が運営するポイント中継サイトです。2015年にサービスを開始してから、その営業力で多数のポイントサイトとの連携を実現し、また魅力的なキャンペーンを展開したことで、一躍陸マイラーにとって重要な中継サイトになりました。

 

.moneyのメリット

多くの陸マイラーが.moneyを中継サイトとして利用しているのは、以下のような理由があるからです。

  • 優秀なポイントサイトとの連携の良さ
  • 交換手数料がかからない
  • 増量キャンペーンが頻繁に開催され、変換率がよい

 

ポイントサイトとの連携の良さ

.moneyにより、多数のポイントサイトと陸マイラーにとって重要となるメトロポイント(ソラチカ)との間を結ぶことができるようになります。

特に、ポイントサイトのうち、一撃で大量のマイルを貯められる案件が豊富な「ちょびリッチ」や「ハピタス」といった優秀なポイントサイトとの連携を実現しているところが.moneyの大きなメリットです。

たくさんの中継サイトに登録せずとも、.moneyのみで主要ポイントサイトを網羅できているので、管理コストを安くすることができます。

なお、優秀なポイントサイトとは何か、ポイントサイトの選択基準については以下の記事で解説しています。

oka-mile.hatenablog.jp

  

交換手数料がかからない

もう一つのメリットは、ポイントの移行時に手数料がかからないことです。他の中継サイトである「PeX」では、メトロポイントの移行の際に500ポイントの手数料が取られます。たいした手数料でもないですが、余計な手数料は払わないに越したことはありません。

また、「ちょびリッチ」からPeXにポイントを移行すると、0.9掛けにされてしまいますが、.moneyではこのようなポイントの減算はありません。

 

変換率がよい

.moneyは現在売出し中の中継サイトです。運営側も、ユーザ数を増やそうと様々なキャンペーンを企画しています。

特にありがたいのが、各ポイントサイトから.moneyへのポイント移行の際に3〜5%程度増量してくれるキャンペーンが行われていることです。

この記事を執筆している時点では、「ちょびリッチ」や「ハピタス」といったポイントサイトからのポイント移行は全て3%増量となっています。

もちろん、キャンペーンがいつまで続くかはわかりませんが、今後.moneyの使い勝手が悪くなったら別の方法を考えればよいのです。少なくとも、今現在選ぶべき中継サイトとしては.moneyが最有力となってきます。

 

.moneyのデメリットは?

メリットの多い.moneyですが、一方で私が感じている.moneyのイマイチな点は、「ポイントの有効期限が短い」ということです。

.moneyに変換したポイントの有効期限は6ヶ月です。また、キャンペーン等で増量となったポイントの有効期限は、別に1ヶ月程度という超短期間に設定されていることが多いです。私も何度か有効期限を忘れてしまいポイントを失効させてしまいました。

.moneyを利用する際には、.money上にポイントを滞留させず、早めにメトロポイントに変換してソラチカルートに回してしまったほうが良いです。

 

.money登録方法

 以下に参考までに.moneyのWebサイトへのリンクを張っておきます。なお、.moneyは運営元がアメーバピグアメーバブログ等で有名なサイバーエージェントであり、ユーザ数も多い中継サイトです。

そのせいかわかりませんが、紹介制度はなく、残念ながら以下のリンクから登録を行っても、私に特典はありません笑。

d-money.jp

 

ポイントサイトでポイントを集め始めたら、.moneyにも早めに登録し、 ソラチカルートを開通させておくことをおすすめします。

 

 

ポイントサイト比較検討 マイルを貯めやすいおすすめサイトについて

目次

 

f:id:zbtn:20161022171728j:plain

 

ポイントサイトと一口に言っても、世の中には大量のポイントサイトが存在します。その中で、マイルを貯めるためにどのポイントサイトを使うべきかは難しい問題です。

しかし、「マイルを効率的に貯める」という観点から考えると、多数のポイントサイトの中から、ある程度まで絞り込みは可能です。

 

効率性の観点でポイントサイトを選択する 

個人的な意見としては、陸マイラーが最も重視するべきは「効率性」です。調査したわけではないですが、感覚値として陸マイラーをやろうとしているのは、社会人の方が多いのではないかと思います。仕事に家庭に忙しく、使える時間が限られている中で、効率的にマイルを貯めていく必要があります。

f:id:zbtn:20161022171807p:plain

 

そうなってくると、多くのポイントサイトで実施されている「毎日○○をクリックすると1ポイント!」や「アンケートに答えて5ポイント!」といった案件は、無視して良いと考えます。

例えば、1ポイントを獲得するために毎日ポイントサイトにアクセスしてクリックする作業にかかる時間を1分と見積もっても、その作業の時給は60円にしかなりません。とても非効率です。

そこで、ポイントサイト選びで重要なのは「一撃で大量のマイルを貯められる案件がどの程度あるのか」だと考えます。

具体的に言えば、「クレジットカードの発行、FX、カードローン、飲食店モニター、保険相談などの案件に強いポイントサイト」を陸マイラー初心者は選ぶべきです。

このような案件は、一回の作業で数千〜数万マイルを貯めることができるので、忙しい社会人にはぴったりです。

 

たくさんのポイントサイトに登録しすぎないことを推奨

同じクレジットカードの発行で得られるマイルは、ポイントサイトによって異なります。例えば、「ダイナースクラブカード」の発行でもらえるポイントは、ポイントサイトにこんなにも違います。

f:id:zbtn:20161022172039p:plain

 

陸マイラー活動を極めている方々は、常に最大のポイントが得られるポイントサイトを探し、多数のポイントサイトに登録しているのですが、たくさんのポイントサイトに登録すればするほど登録のための作業量と管理コストがあがっていきます。

そこで、私の意見としては、労力を削減するために、ポイントサイトへの登録は選択と集中をしたほうが良いと考えています。

あまり多くのポイントサイトに登録しすぎず、とは言え比較検討できるように数個のポイントサイトを活用することがちょうどよいと思います。

 

.moneyへのポイント移行が可能であること

もう一点、重要となるのは.moneyへポイントが移行できるポイントサイトを選ぶことです。.moneyについては以下の記事を参照下さい。 

oka-mile.hatenablog.jp

 

.moneyへポイント移行ができないサイトを選んでも、ポイントを効率的にマイルに変換できません。ポイントサイト選びにおいて、.moneyへ移行ができることは最低限の必要条件となります。

f:id:zbtn:20161021185008p:plain

※正確には、ソラチカルートを利用できる中継サイトは.moneyだけではなく、PeX、GPointなど様々ありますが、ここでは変換効率を重視して.moneyに移行できることをポイントサイト選びの条件としています。

 

.moneyに移行できるポイントサイトはたくさんあり、具体的には以下のとおりです。

  • ハピタス
  • ちょびリッチ
  • PONEY
  • moppy
  • ポイントインカム
  • ポイントスタジアム
  • CMサイト
  • お小遣いJP 等

 

選ぶべきポイントサイトの例

これまで、ポイントサイトは「一撃で大量のマイルを貯められる効率性」と「ソラチカルートを使うために.moneyに変換できること」という観点で選ぶべきであると書きました。

少なくとも、上記の条件を満たすポイントサイトであれば、どんなサイトを利用しても効率的なマイル集めを実現することができます。

ただ、実は上記を満たすポイントサイトは結構な数あります。その中で、どのポイントサイトを選ぶべきかは、最終的には自己判断です。

ポイントサイト選びに最適解はなく、結局最後は個々人の感覚になるところが大きいです。なんとなく初めて登録したところとか、Webサイトの使い勝手が良いとか、人によりけりです。

なので、「絶対にこのポイントサイトでなければならない」なんてものはないです。

とは言え、「結局どのサイトを使えばいいの?」ということに答えておくべきだと思いますので、私がこれまでの陸マイラー活動の経験で多用しているポイントサイトについて紹介していきます。

以下のポイントサイトは、全て「一撃で大量のマイルを貯められる効率性」と「ソラチカルートを使うために.moneyに変換できること」を兼ね備えたサイトです。

  

ちょびリッチ

f:id:zbtn:20161022173044j:plain

私がこれまで一番多くマイルを獲得してきたポイントサイトは、ちょびリッチです。ちょびリッチの一番の特徴は、なんといっても「一撃で大量のマイルを貯められる案件に強い」ということです。

クレジットカードの発行やFX口座の開設の案件で、常にトップクラスのポイント還元率を発揮しています。

また、案件が多いことも特徴で、他のポイントサイトになく、ちょびリッチだけでみかけるような案件も多いです。

 

このあたりは感覚的なものですが、近年の陸マイラー業界ではちょびリッチの地位がかなり向上していると感じています。.moneyの登場など理由は色々あるのですが、陸マイラーを始める際にはまず登録しておいて損はないと思います。

 

ちょびリッチの登録は、以下のリンクからどうぞ。登録時に500ポイントもらえます。

★ちょびリッチへのリンク

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

ハピタス

f:id:zbtn:20161022173112p:plain

陸マイラー御用達のポイントサイトとして有名なのが、ハピタスです。少し前の陸マイラー業界はハピタスがベストのポイントサイトと言われていました。ハピタスの優れているところとして、紹介制度が強力であることや、案件が豊富であることです。

近年は.moneyの登場や他のポイントサイトの成長などで昔ほどのインパクトは薄れてきているのですが、それでも老舗ポイントサイトとして重要な位置にあります。

私もちょびリッチの次にハピタスでマイルを稼いでいます。同じ案件で比較すると、ちょびリッチの方が還元率が高いケースが多いのですが、ハピタスのほうが上回るケースも結構あります。

私の実施している方法として、時間がある際にまずちょびリッチとハピタスを確認し、優れた案件がないか調査しています。多くのポイントサイトに登録しても、チェックするだけで時間がかかりすぎてしまうので、これら2つに絞った使い方をしています。

あまり多くのポイントサイトに登録しすぎないという考え方からは、豊富な案件と安定した還元率を誇るハピタスは、選ぶべき候補になると考えます。

 

ハピタスへの登録は、以下のリンクからどうぞ。登録時に30ポイントもらえます。

★ハピタスへのリンク

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

  

PONEY

f:id:zbtn:20161022173141p:plain

最近になって急上昇中であるのが、PONEYです。まだまだ成長段階ですが、ポテンシャルを秘めたポイントサイトです。

PONEYの最大の特徴は、「紹介制度の凄まじさ」です。一般に、ポイントサイトはユーザ数を増やすために紹介制度を用意しており、紹介により新規ユーザを獲得した場合には、紹介者にポイント還元を行うケースが多いのです。

その中で、PONEYは紹介したユーザの、そのまた紹介したユーザについても、最初の紹介者にポイントが入る仕組みとなっているのです。そして、その還元率もべらぼうに高いものとなっています。

近年の陸マイラー業界でも話題になることが多いポイントサイトです。先行者利益を狙っている人が多いということだと感じます。

私も最近になって登録しましたが、話題になっている紹介制度の凄まじさだけではなく、個人的にマイルを貯めるという面でも優秀なサイトになっていると感じました。案件数こそまだまだですが、還元率はちょびリッチ、ハピタスに勝るケースもあります。

 

PONEYの成長を予想して、早めに登録をしておくという方は以下のリンクからどうぞ。登録時に5000ポイントもらえます。

★PONEYへのリンク

無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!

 

その他

上記にあげた以外にも、「一撃で大量のマイルを貯められる効率性」と「ソラチカルートを使うために.moneyに変換できること」という条件を満たすサイトはいくつかあります。具体的には以下のようなサイトです。

  • ポイントインカム
  • moppy 等

私自身がこれらのサイトの利用経験がないために紹介対象から除外しましたが、陸マイラー業界では優秀なサイトだと考えられていますので、興味があれば検索してみて下さい。時間が許せば、私も登録してみようと思います。

 

ポイントサイトの登録を終えたら

ポイントサイトの登録を終えたら、さっそく案件を探してみて下さい。初心者の方であれば、クレジットカードの発行案件がオススメです。金融知識が少しでもある方なら、FXの口座開設なども一撃で大量マイルを獲得することができるのでおすすめします。

最後に、各ポイントサイトの登録先リンクを再掲しておきます。

 

一撃で大量のマイルを貯める案件を狙いに行くなら「ちょびリッチ」

ちょびリッチへのリンク

 

老舗ポイントサイトで安定的にマイルを稼ぎに行くなら

ハピタスへのリンク

 

今勢いに乗っているポイントサイトに先行登録するなら

PONEYへのリンク

 

繰り返しになりますが、陸マイラー活動で重要なのは効率性です。ポイントサイトに登録すると、「クリックすると○○ポイント!」といった誘導が多くあります。時間が許せばそのような作業をしても良いのですが、限られた時間では非効率となります。大変な思いをしたのに、大してマイルも貯まらないということになり、せっかく始めた陸マイラー活動をやめてしまうことにもなりかねません。

「最小限の労力でそこそこのマイルを稼ぐ」ということを目標にするのがオススメです!

 

それでは、お互い陸マイラー活動頑張りましょう!

陸マイラーがマイルを貯めるために実践している方法 基本戦略について

 

目次

マイルはお金をかけなくても容易に貯まる

f:id:zbtn:20161021184821j:plain

 

皆さんは、「陸マイラー」という言葉を、どこかで聞いたことがあるんじゃないかと思います。私は1年ほど前から陸マイラー活動に興味を持ち、様々な先人たちの情報をめぐり、今では貯めたマイルで月に1度は旅行ができるようになりました。

たまにあった友達なんかに、マイル旅行の話をすると、よくこんなことを言われます。

  • 仕事で飛行機にたくさん乗るから、マイルが貯まるのでしょ?」
  • クレジットカードのポイントをマイルに変えてるんだよね?」

1年前の私も、きっと私の友人たちと同じことを言ったと思います。

でも、今では「飛行機に乗らず」「クレジットカードで多額の決済をせず」に、マイルは効率的に貯まるのだ、という知識を得ることができました。

 

このブログでは、私が1年間やってきた陸マイラー活動の内容を紹介したいと思います。

1年前の私も、先人たちの貴重なブログ記事を参考に、陸マイラー活動を開始しました。旅行好き、飛行機好きの皆さんが、このブログを参考にして陸マイラー活動を始めてくれたら嬉しいです。

※なお、2017年現在ではJALマイルよりもANAマイルの方が貯めやすいため、本サイトではANAマイルを中心に紹介します。

 

2017年現在、マイルを貯める方法の決定版はこれだ!

陸でマイルを貯める方法は、時代時代に合わせてすごい速さで移り変わっていきます。数ヶ月前はすごく有効だった方法が、今では使えなくなってしまった、なんてことは、陸マイラー業界ではよくあることです。(例えば、「edy永久機関」なんていう過去の驚くべき荒業があったりします。興味のある方は検索してみてください。)

そこで、本ブログでは2017年現在、できるだけ情報鮮度が高い情報を紹介したいと思います。

 

2017年現在、マイルを貯める方法の決定版はこれです。

  • ①ポイントサイトで貯めたポイントを
  • ②中継サイトで変換し
  • ③ソラチカでマイルに変える

f:id:zbtn:20161021185008p:plain

 

これだけでは正直良くわからないと思います。順々に説明していこうと思います。

 

①ポイントサイトでポイントを貯める

特に、昔からのインターネットユーザの方は、ポイントサイトというものに「胡散臭さ」を感じているのではないかと思います。実際私も、過去の経験からポイントサイトは胡散臭いものだと思い、敬遠してきました。

しかし、現在ではポイントサイトはBiglobeサイバーエージェントGMO等の大手IT企業が運営するような、信頼性の高いポイントサイトが登場してきています。

ポイントサイトのビジネスモデルは、スポンサー企業から広告を集め、ポイントの還元を目的に集まった一般ユーザに対して自社サイト上で広告を掲示し、スポンサー企業⇔一般ユーザ間の販売・契約の取次を行うことで、スポンサー企業からの手数料を稼ぐものです。図解すると以下のとおり。

 

f:id:zbtn:20161021185040p:plain

 

企業がポイントサイトへ広告を出すような商品は、以下のように「利益率は高いが、ユーザへのアプローチが困難である」ものが多いです。

  • クレジットカードの発行
  • 証券取引、FX取引
  • 青汁やヒアルロン酸等の健康食品
  • 新規開業した飲食店

このような商品は高い利益率が見込めるために、企業は多額の広告宣伝費をかけて販売をしようとします。その時の広告の「出しさき」の一つがポイントサイトなのです。

そこで、我々が取るべき戦略は以下の通りです。

  • 「ポイントサイトから得られる企業の広告宣伝費の一部」はありがたく頂く
  • しかし、企業にお金は落とさない(もしくは、必要最小限のみとする)

例えば、クレジットカード一枚の発行で、10,000円相当のポイントを貰うことができるということは、ポイントサイトではよくある話です。これは、ユーザがクレジットカードを発行し、それを利用することで10,000円以上の利益が見込めるためなのですが、我々はそのカードを無理に利用する必要はありません。ポイントだけありがたく頂戴すればよいのです。(もちろん、そのカードが気に入れば、積極的に使っていくという選択肢もありです)

 

現在、ポイントサイトは多々存在しており、具体的にどのサイトを利用するべきか、またその登録方法などは、別の記事にて紹介したいと思います。

oka-mile.hatenablog.jp


②中継サイトで変換する

ポイントサイトで貯めたポイントは、そのまま現金にすることができます。しかし、我々の目的はあくまでマイルを貯めること。ここで重要なことですが、ポイントサイトで貯めたポイントを直接マイルにすることはできません※。
※ポイントサイトから直接マイルに変換できるサイトもありますが、変換効率が悪いためオススメできません。

そこで、ポイントサイトとマイルをつなぐ中継サイトが必要になってきます。2016年現在、中継サイトの決定版は「.money(運営:サイバーエージェント)」です。

 

f:id:zbtn:20161021185214p:plain

 

ポイントサイトと同様、中継サイトも多数ありますが、変換効率や変換先の多様性、各種キャンペーンの実施状況などから、現在では.money以外のサイトを利用する理由がありません。その他、「PeX」や「GPoint」といった中継サイトがありますが、まずは.moneyを利用すれば良いと思います。

ポイントサイトで獲得したポイントを、.moneyに一度移行した上で、最終的にANAマイルに変換していきます。.moneyの登録方法やポイントの変換方法については以下の記事を御覧ください。

oka-mile.hatenablog.jp

  

③ソラチカでマイルに変える

f:id:zbtn:20161021185251g:plain

「ソラチカ」こそ、近年のANA陸マイラー業界を一新させた衝撃のアイテムです。

そもそも、ソラチカとは何か。ソラチカは、東京メトロANAと共同で発行するクレジットカードのことです。名前の通り、「ソラ:飛行機」でも「チカ:メトロ」でもポイントが貯まることが売りなのですが、陸マイラー的には重要なのはそこではないです。

一般的に、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに変換しようとすると、0.5掛けになります。例えば、10000円分のポイントは5000マイルに変換できます。シーズンにもよりますが、5000マイルもあれば東京から大阪に行くことができますので、これでも十分良いレートです。

しかし、ソラチカを利用すると、この変換レートが0.9掛けになります。同じ10000円分のポイントがソラチカを使うだけで9000マイルになるのです。正直、ANAマイルを貯める際にソラチカを経由しない理由はないです。

ソラチカルートを利用するためには、ソラチカカードの発行が必須です。以下の記事で、ソラチカカードの発行の仕方や.moneyからソラチカ経由でマイル化する方法を紹介します。

oka-mile.hatenablog.jp

  

マイルがあなたにもたらすもの

これまで、長文にわたり「飛行機に乗らず」「クレジットカードで多額の決済をせず」に、マイルを効率的に貯める方法を紹介してきました。確かに、多少の手間はかかりますが、実際にこの作業をやっている私の感覚では、月に1~2時間程度の時間で毎月10000~20000マイル程度を貯めることができています。

これまで私は、貯めたマイルで北海道・沖縄を始めとした国内旅行や、ロンドン・フィリピンセブ島・上海といった海外旅行に行ってきました。陸マイラー活動を始める前までは、旅行にいくための航空券は(当然ですが)自腹で購入していましたが、今では全てマイルで獲得した特典航空券で旅行に行っています。つまり、お金はほとんどかかっていません。

先ほど、クレジットカードの発行一枚で10000円相当(マイルにして9000マイル)が貯まると書きましたが、これを5回、すなわちクレジットカードを5枚発行すれば、ハワイにいってもお釣りがきます※。
※ハワイ行きの往復特典航空券はシーズンにもよりますが40000マイルで獲得できます。

f:id:zbtn:20161021185343j:plain

 

最初はとっつきにくい、わかりにくいと思うこともあると思います。しかし、少しだけ知識をつければ、数カ月後には「マイルってこんなに簡単に貯まるのか!」という実感をあなたは持つことができていると思います。

マイルを貯める方法のおさらいです。詳細は、リンク先の記事を確認してください。

 

①ポイントサイトで貯めたポイントを

oka-mile.hatenablog.jp

 

②中継サイトで変換し

oka-mile.hatenablog.jp

 

③ソラチカでマイルに変える

oka-mile.hatenablog.jp

 

 

皆さんの生活が、陸マイラー活動で少しでも豊かになりますように!